1日1コンテンツの感想を書くブログ

1日1コンテンツの感想を書くブログです。

2021/01/22 『俺の家の話(第1話)』(TVドラマ)

こんばんは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!

 

 『俺の家の話(第1話)』(TVドラマ)

www.tbs.co.jp

生きていたら誰もが経験する

「人生の関門」=介護と相続

引用元:はじめに|TBSテレビ:金曜ドラマ『俺の家の話』 

 

本日1月22日(金)22時に第1話が放送された、TBS系のドラマです。

出演は、長瀬智也戸田恵梨香、永山 絢斗、江口のりこ井之脇海 他。

 

《あらすじ》 

現役プロレスラーの観山寿一(長瀬智也)はある日、「能楽」保持者の人間国宝である父親・観山寿三郎(西田敏行)が危篤だと知らされ、寿三郎に反発し家を出て以来20年ぶりに家へ帰り、家業を継ぐことを決意する。

だが、寿三郎は奇跡的に一命を取り留める。そして、介護ヘルパーの志田さくら(戸田恵梨香)と婚約し遺産もすべてさくらに譲ると家族に宣言する。それを聞いた家族はもちろん大混乱!

介護や遺産相続といった家族の問題、そしてそこからみえる家族の絆などを描く「俺の家」の物語。

 

TBSドラマでは、2010年の「うぬぼれ刑事」以来の長瀬智也×宮藤官九郎タッグとのこと!

IWGPタイガー&ドラゴンうぬぼれ刑事、そして「俺の家の話」…今回のドラマではどんなクドカン節を見せてくれるのか、期待大ですね!

 

今期のドラマの中では一二を争うくらい楽しみにしていたドラマだったので、ドラマ出演者がゲストのぴったんこカンカンから観てしまいました。過去のTBS系ドラマの名場面を長瀬たちがテイクアウトグルメを食べながら観るというやつ。

 

長瀬は本っ当に、いつの時代を切り取っても格好いい…今も昔も、年相応の格好良さがあって本当に最高です。

 

そ・し・て!なんといっても欠かせないのが、私の推しでもある井之脇海くん!!

ぎぼむすでの成長したヒロキくんに心を奪われた私ですが、果たして今回の役どころは私の心に刺さるのか…!?期待です。 

 

 

ということで、私的期待値マックスなこのドラマ。

以下、第1話を観ながら書いたメモです。

 

 

コロナのある世界線なのね。これドラマごとに結構分かれますね〜

・井之脇くん序盤から出てる!リング名はプリティ?

グループ魂の石鹸さん!クドカン作品御用達の面々が今作もいっぱい出るんだろうな。

・アイドルレスラーだったんか!結婚してるんか!子供いるんか!離婚したんか!

ユーミンのブリザード

・長瀬10キロ体重増やしたって言ってたけど確かに胸板めちゃ厚い。長瀬史上最厚では。

・「あつまれ やすらぎの森」は名前もロゴもまんますぎる!笑

・フェーズ言いたくなる時期たしかにあったけど、今は逆にちょっと恥ずかしくない?笑

・2年前に倒れたの、舞台中だったのか…それは覚悟出来ちゃうな…

・「親だと思うと、倍重たいのよ」という妹のセリフ。重い。

寿限無は自分が継ぎたい的な思いはないのかな?(養子が継げるかとかは知らん)

・プロレスは、お父さんとの共通項だったんだ…!!!

プエルトリコ王座ってどれくらいの凄さなんだろ?

・寿一はお父さんにずっと褒めて欲しかったのか…

・完全死ぬ流れだけど、この後奇跡の生還するって知ってるから心がザワっとする。

・父が亡くなる前にもう引退しちゃうんだ!

・長州さん!何言ってるか一応分かったよ!笑

・プリティが決めちゃうんかい!でもカワイイ♡

・寿一がプロレス引退して、今後井之脇くんはどうストーリーに絡んでくるのか?ちょこちょこ出てくれよ…!!?

・奇跡の生還を遂げた寿三郎の舞台上でのシーン!「麻痺してるから全然平気なの」は不謹慎だけど笑っちゃうな…

戸田恵梨香のしたたか悪女感よきですね〜

人間国宝の遺産ってどんなもんなんだろう?額が知りたい!…と思っちゃう私は小市民。

・宗家が立った!宗家が立った!

・カトちゃんパターンて、結構な人が頭に思い浮かべてたよね正直。笑

・そっか、跡継ぎ宣言のところさくらちゃんも聞いてたもんな!だけど録画もされてるとは…。

西田敏行迫力あんな〜

・元奥さんと息子との写真の裏に、寿三郎たちとの家族写真忍ばせてるの泣ける。

ロバート秋山のシーンCMでめっちゃ流れてたけど、妹の旦那さんだったのか。笑

・介護って本当に大変だよなあ…「息子だから出来ねえんだよ」という寿一の辛そうな表情もしんどい。かつての父親の姿と、今目の前にいる介護が必要な父親の姿を嫌でも重ねちゃうだろうしね…。

・でた荒川良々

・お父さんのテストの時にさくらが笑ったの気になる。笑ったところは見せず、弟の「お前今笑ったよな!?」っていう発言によってそれが分かるという描写の仕方も。

・そして寿一の息子役の子は演技が自然だったな…ジャニーズJr.の子かな…?

→調べた。羽村仁成くんという子役出身のジャニーズJr.の子でした。

・ボケても能楽のセリフは染み付いてるんだね…それだけ長い間、家業を守ってきたと言うこと…!

・「別に良いだろ、あんた八百屋じゃねえんだから」。こんなん泣く。

・寿一覚悟決めたな。親の弱りきった姿に受けたショックを乗り越え、「そういうもん」だって言い切る。これから"家族"をやり直していくんだね。

・「"いただきます"は兄貴のが一番だね」という妹に対し、父親の「そうだな」…寿一やったね!ひとつ褒められたよ;;

・さくらの結婚詐欺被害者たちの書き込み内容、えげつないのわろた。「持病持ちの父を平気でロックフェスに連れ出しました」「関節を痛がっていた父にボルダリングを強要するような女」…。

・でも気になるのが、その怒りに満ちた家族の書き込みとは裏腹に、写真に写るご本人達は総じてめちゃくちゃ楽しそうな顔してるんだよ…!寿三郎も楽しそうだし、きっとさくらはただの悪人ってだけではない、はず。

 

 

以上、視聴終了です!

いやー期待を大幅に上回る、これからドンドン面白くなってきそうなドラマじゃないですかー!!嬉しー!!

 

まあ扱うテーマとしては、介護の話、相続アンド跡継ぎ問題、認知症学習障害の息子、そして後妻業疑惑の女…と言った具合に重たいテーマがてんこ盛りなんだけど、でもそれをあくまで「俺の家の話」として軽やかに描いていくところがクドカンらしさを感じてとても好きですね。 

コメディ要素もバンバン入れつつ、その中でも大事な要素、たとえば息子が親の介護に直面した時のリアルさや、父親の認知症を自身や周りも認めたくない様子、そしてそれらの問題を乗り越え家族としての時間をやり直そうと決意する姿なんかはとても丁寧に描かれていて、ハッとさせられるようなセリフも沢山散りばめられていたりする。

 

また、ラストではさくらの悪行?が判明したわけですけど、彼女は果たして本当にただの結婚詐欺師なのでしょうか?

まとめサイトが出来るくらい被害者がいるなら今まででも相当のお金を手にしてるはずだけど、それでもまた寿三郎と結婚する、その目的は何なんだろ?お金ではない

でも、被害者たちの写真の表情や今の寿三郎の楽しそうな様子を見るに、当の本人たちは自ら望んでさくらと一緒にいたのではないか?と思ってしまうよね…みんな人生の最後のひとときを純粋にエンジョイしたくて、好きなことをやらせてくれない家族ではない、他人のさくらにやすらぎを求めたのでは。

 

この辺りの謎も今後どう真実が明らかになっていくのか。楽しみです。

 

 

見逃し配信はTVerで1週間限定で配信されていますので、見逃した方もぜひ観てみてください。

tver.jp

 

 

 

では、また明日。

2021/01/20 『京阪沿線物語〜古民家民泊きずな屋へようこそ〜(第2話)』(TVドラマ)

こんばんは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!

 

『京阪沿線物語〜古民家民泊きずな屋へようこそ〜(第2話)』(TVドラマ)

www.tv-osaka.co.jp

潤は創介とこころが経営する民泊『きずな屋』に連れられ、長期滞在することに。 きずな屋で暮らし、創介やこころ、泊まりに来る客たちと触れ合うことで、次第に自らの心も成長し、2作目の執筆に前向きになっていく。

引用元:イントロ|京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~|テレビ大阪

 

1月9日(土)24時56分に第1話が放送された、BSテレ東ほかで放送中のドラマ。(1話は見逃しちゃいました…。)

出演は、小西桜子、中村俊介、新津ちせ、壇蜜 他。

 

お笑い芸人・NON STYLEの石田さんが脚本を手掛けられているっていうのがまず注目ポイントですね。ストーリーにも芸人がちょいちょい出たりするのかな?

 

そして主演の小西桜子さんは、前クールのテレ東ドラマ「猫」でのナチュラルな演技が素敵だったので、この作品でも期待です。

 

 

では以下、第2話を観ながら書いたメモです。

  

京阪電鉄って東京で言うとどのラインだろ。西武鉄道とか?

自由軒のカレー美味しそうすぎる…関西では有名なお店なのかな…!一見シンプルなのに、①そのまま②卵混ぜる③ソースかける の3回味変できるの最高だ。

・BKBいる!BKB役なのか!しかも小説家として同業者って。笑 BKBの小説もいつか読まないと…!

・ドラマの若干セピアっぽい映像で繰り広げられるBKB、哀愁あっていいな。↓

・BiSHの方(ハシヤスメ・アツコさん)がゲストなんだね!この人確か眼鏡が外れちゃったら引退…って人だった気がするけど、ドラマでもちゃんと眼鏡かけてる役なんだ。笑

・お忍びで来てるって言ってるのにSNSあげないで〜!

・「象印の味や。」ウチもウチも!

・卵焼き美味しそう〜私はちょい甘いのに大根おろしと醤油をちょろっとかけたのが好きかな。(聞いてない)

・「スッピンの卵焼き」良いね〜私も心掛けていきたい。

・ そもそも周りの評価を気にするタイプじゃなかった人が、なぜ気にするようになってしまったのかが気になる。

・私もシュウマイ食べたーい!一芳亭のシュウマイ気になって調べてみたけど、薄焼き卵で作った皮で包んでるとか美味しそうすぎやしないか…!?取り寄せちゃおうカナ!?

www.ippoutei.com

 

 

以上、視聴完了!

 

承認欲求って厄介な欲求ですよね…行き過ぎると、他人からの評価を気にしすぎるあまり自分自身を見失ってしまう。

「認められたい」という気持ちがエネルギーになることもあるけど、認められること自体が目的になっちゃうのは本末転倒だもんね…。

 

今回の話の登場人物は、そんな厄介な承認欲求の塊であるイマドキの女の子でしたが、「きずな屋」の従業員たちとの触れ合いや潤との会話の中で、

他者からの反応ばかりを気にして取り繕う「映えさせた自分」ではなく、卵焼きをママの味を思い出しながら作るような「すっぴんの自分」が好きだということを思い出すのでした。

 

「ママの卵焼きの味を思い出しながらつくって、そんな自分が久しぶりに好きだった」

 

周りからの評価を気にしてゴテゴテに着飾って映えさせると、ぱっと見はすごく素敵なものに見えるけど、周りの装飾で肝心の中身が全く見えなくなりますもんね…。

その点で言うと、冒頭に出てきた自由軒のカレーなんかは、具材が無くて上に卵が乗っただけのシンプルなもので、変に取り繕わずに味で勝負するというまさに「すっぴんメシ」と言えるかもしれませんね。

 

私も、すっぴんの自分をもっと好きになれるようになりたいな〜◎

 

 

そういやメインで出てる子役の子、何かで観たけど思い出せない…ってなってたけど思い出した!「捨ててよ、安達さん」でした!

あのドラマのちょっと大人びたセリフを発するあの役、可愛くて結構印象に残ってるんだよな〜。新津ちせさん。

profile.himawari.net

 

てか調べたら、朝ドラも出てるし映画(「ミセス・ノイズィ」観たいぞ)も出てるしアニメ作品の吹替もやってるし、めちゃくちゃ売れっ子でした…。

そして衝撃の事実、この子新海誠さんのお子さんなの!!!でもってFoorinのメンバーなの!!!!なんじゃこりゃ売れっ子なんてもんじゃないじゃないか、スゲ〜!!!

まあでもそういった要素を抜きにしても、そもそも普通に演技が上手な女優さんなので、これからどんどん色んな役を演じる姿を観れるのが楽しみなところです。

 

 

このドラマの第2話は、次回放送までTVerで見逃し配信を行なっています。

tver.jp

 

大阪の美味しいごはんと、気持ちがほっこりするエピソードが楽しめるドラマ、皆さんも是非ご覧くださーい♪

 

 

では、また明日。 

2021/01/19 『天国と地獄〜サイコな2人〜(第1話)』(TVドラマ)

こんばんは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!

 

『天国と地獄〜サイコな2人〜(第1話)』(TVドラマ)

www.tbs.co.jp

今日からは、あなたは殺人事件の容疑者、私は刑事ですから──

引用元:はじめに|TBSテレビ:日曜劇場『天国と地獄 〜サイコな2人〜』 

 

 1月17日(日)21時に第1話が放送された、TBS系の連続ドラマです。日曜劇場枠。

出演は、綾瀬はるか高橋一生柄本佑北村一輝 他。

 

警視庁捜査一課の刑事・ 望月彩子(綾瀬はるか)と、彩子たちが追っている殺人事件の犯人であるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の中身が入れ替わるという、SF要素アリの刑事ドラマ。

彩子は、正義感が強いが気も強く、とにかく何事においても真っ直ぐな猪突猛進タイプで、その言動により周囲からは煙たがられたりバカにされたりしている。

そんな彼らを見返すべく、刑事として大手柄をあげたいと意気込み、殺人事件の犯人である日高を追い詰めるところまで行ったのだが、そこでまさかの彼と魂が入れ替わってしまう…!

 

殺人鬼と急に入れ替わるとかつらいなんてもんじゃない…しかも刑事が…。

 

そして入れ替わってからの話の展開はどんな感じになるのか。刑事である彩子の体で殺人を犯したりしちゃうのかな…?

あと、ラストはどう決着がつくのか。入れ替わりは元に戻る?日高は捕まる?そもそも入れ替わった原因って?

 

観る前から気になることがいっぱいのドラマですね。

 

 

では。

以下、第1話を観ながら書いたメモです。

 

・いきなりの3Dイラスト…絵のタッチこわっ。

・だらしな柄本佑、悪くないだろう。(でもベストofタスクは「知らなくていいコト」の尾高さんです)

・あだ名のベッキーってタレントの方かと思った…何事にもひたすら真っ直ぐ取り組む、的な。んなまさか。「〜べき」のベキね。

溝端淳平久々に見たな!

・警察官が事件を求めちゃダメでしょ、まあ事件がないと手柄も上げられないけど…。

・やる気だけは一丁前にある問題児、的な感じなのね…こういう人材が一番ダメ的なビジネス用語?法則?みたいなのなかった?

→調べた。モルトケの法則だ。部下を登用する際「能力はないが意欲は高い」という人は一番使えない、みたいなの。まあでも彩子の場合はそれなりに能力もあるか。

・被害者役の人、パチンコ玉咥えたままでいるの大変そう…!!

・捜査本部での投影資料、サイバーっぽい黒バック&青フチにしがち。↓f:id:shilasu:20210119220434j:plain

・「臨機応変に対応」 便利な言葉だ。使いたい。

綾瀬はるか、歩きスマホ指摘するけど自分はマスクしないのちょっと気になる。

・日高の首のゴキゴキ音やだ〜!骨系の音って痛そうだから好きくない…!

北村一輝とマンションコンシェルジュ?とのやり取り軽快でおもしろ。

北村一輝は汚いこともやってのし上がるタイプの警察ね。でもよっぽど器用じゃないとこんな芸当できないだろうし、刑事として優秀ではあるんだろうな。

・リモートで海外の人に事情聴取、イマドキ感。

・運命のバンドバージョンわろた!驚きの真実と共に鳴るジャジャジャジャーン、面白すぎ。

・パチンコ玉いっこいっこ調べんの大変そう

「お前にあるのは正義なんかじゃない、自分を認めさせたい、上に立ちたい、手柄を立てたい…それだけだ」く〜その通りだけど、そこまで言わんでもいいじゃんか…!

・「自分の手汚してでもバンバン事件解決させる」のも「手は汚さないけど足は棒」にして事件と真正面から向き合うのも、どっちもそれぞれの正義を貫いているから、一概にどっちが正解かってのは言えないよね〜。

・明日に令状出るんなら待ってよ〜!突っ走りすぎだよ〜!

・ついに入れ替わった!もっと序盤で入れ替わるかと思ったけど結構終盤だったな

高橋一生がベッドの上で目を覚ましたときの、女性的瞬きが上手い!

・冷静に考えなくても急に容疑者なんのはヤバイ。

・ラストのシーン、完全に魂入れ替わってるようにしか見えなかった…役者さんすごい…。

・次週予告の猪突猛進空回り高橋一生おもろそう期待。

 

 

という感じで視聴終了。

いや〜入れ替わりましたね。

 

入れ替わった後の綾瀬はるか(心はサイコパス殺人鬼の男)の、美しい悪役感が良いですね。

高橋一生(心は猪突猛進刑事の女)も完全に中に彩子がおりてて、壁ドンからの涙目も最高でした。

 

あと柄本佑はなんだか含みのある感じというか、無害そうに見えて実はなんかありそうな雰囲気出してるよね…今後どう話に絡んでくるのか、期待です。

 

てか今後どういう感じで話進んでくんだろう?日高としても、いくら入れ替わったとはいえいつ元に戻るか分からないから、自分(彩子in)が逮捕されるのは避けたいだろうし。とりあえず彩子(日高in)として刑事の仕事をしていくのかな。

てか頭脳派殺人鬼が刑事やるとか、ぜったい犯罪心理学丸わかりで大活躍できるパターンだよね?笑

 

今後の展開がどうなるのか、今後も毎週日曜日を楽しみに待ちたいと思います。 

 

ちなみに放送から一週間はTVerで無料見逃し配信しています。

tver.jp

 

また今見つけたんですけど、出演者の副音声付きの配信もあるみたいですね!第1話は柄本佑溝端淳平

tver.jp

ドラマの裏話とか聴けたりするのかな。時間があったら観てみよ〜。

 

 

では、また明日。

2021/01/18 『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―(第1話)』(TVドラマ)

こんばんは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!

 

『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―(第1話)』(TVドラマ)

www.ktv.jp

「警察官×学園エンターテインメント」異色のコラボ作品が誕生! 過激で毒舌!そして冷静沈着なスクールポリスが、 痛快に“悪”を成敗する!

引用元:イントロダクション | 青のSP | 関西テレビ放送 カンテレ

 

1月12日(火)21時に第1話が放送された、フジテレビ系の連続ドラマです。

出演は、藤原竜也真木よう子山田裕貴 他。

 

ドラマの舞台となるのは、学校内に警察を常駐させるという政府の肝入り政策「スクールポリス(SP)」制度を試験的に取り入れた赤嶺中学校。

そこに配属されたSPの嶋田隆平(藤原竜也)が、校内で水面下に蔓延る悪に次々と切り込み、容赦なく成敗していく…というのが大まかなストーリーです。

 

 

以下、第1話を見ながら書いたメモです。

 

・前の晩に印象的な出会いをした人物と翌日奇跡の再会!すっごくベタだ…!!真木よう子の「ええ〜…!」の顔もすっごくベタだ…!!(ハライチがラジオで「ドラマあるある」募集したら応募しよ)

・新しい制度を導入した校長先生だけ乗り気で、ほかの教師陣はSPを煙たがっている感じ。現状維持を望む空気がムンムン。まあでも急に職場に警察常駐しますって言われたらそりゃビビるよね。笑

・過剰な程に悪を憎む主人公、絶対過去になんかあったよね…。

・いやいや椅子で教室の窓割るって相当だな…!

・ぎゃあ!教室で暴れた生徒をいきなり逮捕!教師も生徒も唖然…!

・一ノ瀬先生も確かに挑発したのは良くなかった。でもあの授業態度には誰でもイラつくよね、先生だって人間ですし…。

山田裕貴いわく、竜也も昔は情みたいなものがあったがある時期から急に冷めきっちゃった…と。山田裕貴は原因についてわからないと言っているが、本当は何があったか知ってんじゃないの〜??

・突然のピアノ美少女、そして、学校に伝わる奇妙な噂とは…!?

・竜也、談話室や校長室に盗聴器つけるの巻!最悪や!!

・官僚の岩井さんちに行くときの、山田裕貴の後輩っぷり^^

・「何ですか〜この家!!」の言い方^^

・やっぱり真帆ちゃんは…そっか…辛い…。

・不審者が簡単に校舎内に入れる学校…SP導入より先にセキュリティ強化を…!

・暴漢が校舎に侵入した事を知った校長先生「こういうときのために(SPに)来てもらってるんでしょうが!」間違いないw

・暴漢の前に学生差し出した!!荒療治っぷりすごいな、この子下手したらトラウマになるで…!?

「お前がやったことはあいつらと同じだ」。そうだよね〜仕返ししちゃったら相手と同じなんだよね〜、でもやられたらやり返したくなっちゃうのは人間の性でもあると思うんだよな…やられっぱなしじゃ悔しいよ…!

・「誰かのためじゃなく、自分がむしゃくしゃしてやった」という点を、自分でちゃんと認めたというのは偉い。「あいつらが先にやったからやり返しただけ」とか「〇〇のためを思って…」などと言って自分の犯した罪を他人のせいにする人が世の中に多くいる中で、よく乗り越えた。

・そういや一ノ瀬先生は普通に学校来てたけど、色々晒されてたのは大丈夫だったのかな?

・ラストに少し明かされる校内の噂の内容。「亡霊が住み着いている」「学校に恨みがあり無念の死を遂げた人物が学校を彷徨っている」急にオカルト?という感じだけど、おそらく実態は霊などではなく、学校内の誰かが関わっている人為的な事なのでしょう。これからどう解明されていくのか。

 

 

てな感じ。

 

 

まあ結論…

この中学校荒れすぎだな!!治安わる!!!!!

 

 

でも、学校って治外法権というか、その中で良くも悪くも一つの社会が成り立ってしまっているので、世間一般の社会と比べて悪い事が適切に裁かれにくい環境ではあるだろうから、そこに絶対的な国家権力としての警察が介入し蔓延る膿を出していく…というのは、社会のルールに則って真面目に生きている人間にとっては、結構希望になる事かもしれないなあと思いました。

 

山田裕貴の後輩っぷりも◎でしたので、今後も引き続き視聴したいと思います!

 

 

では、また明日。

2021/01/17 『アルコ&ピース D.C.GARAGE』(ラジオ番組)

こんにちは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!

 

アルコ&ピース D.C.GARAGE』(ラジオ番組)

www.tbsradio.jp

 理解不能でシュール、けどクセになる茶番劇がリスナーに受けた彼らのラジオ。その礎となる2人の“コント力”を活かして番組を盛り上げます。

引用元:アルコ&ピースD.C.GARAGE|TBSラジオFM90.5+AM954~何かが始まる音がする~ 

 

2016年にスタートした、TBSラジオで毎週金曜24時〜放送中のラジオ番組です。

パーソナリティはお笑い芸人アルコ&ピース(酒井健太平子祐希)。

 

 番組名の意味は、「アメリカのFMラジオ」を意識したものとのこと。笑

www.tbsradio.jp

 

アルピーのお二人は、先日感想を書いた「勇者ああああ」でもMCをつとめられていますね。

アルピーのお笑いの感じが、単純に私のツボなのかもしれません…。笑

 

この番組は、オープニングで「今日のゴシップ」というコーナー、からのアルピーのフリートーク、最後に「LIFE〜人生の話〜」というコーナーでそのままエンディング…というのが基本的な構成です。

 

まずはオープニングの「今日のゴシップ」

リスナーから鮮度バツグンのゴシップを募集するというコーナーですが、これらは全て架空のニュースで、「本当にありそうなウソゴシップ」をアルピーのお二人がさも実際に起こった出来事かのように驚き話を広げていくというネタコーナーです。

 

アルピーのトークはもちろん面白いですが、特筆すべきは何といってもその送られてくるウソゴシップの出来の良さ。

ニュースとしての面白さからくる笑いのあとに、絶妙にあり得そうな話だからこそ「そうだ、これ実際には起きてない出来事だったわ」という気づきから来るもうひと笑いが時間差でやってくるのが、聴いていてとっても楽しいです。

 

 

続いてお二人のフリートークゾーン。

 

まずは酒井ちゃん(愛称?)についてですが、こちらはなんといっても川崎仕込み(川崎出身の方はゴメンなさい)の口の悪さがやばい。笑

タバコのことはヤニって言うわ、「バカ面白え」「シャベぇ」のように独特な言い回しの言葉を良く使うわ、とにかく治安が悪いです…!

 

でもその感じがなんかクセになる。なんだろう、学生時代にちょっと悪いヤツのことが気になっちゃうアレみたいなモンか…?!

まあ単純に、自分の思ったことをすぐ口に出しちゃう性格が、「(何事もオブラートに包まなくて)口が悪い」と「(全部正直に言っちゃうから)聴いてて気持ちがいい」というのを両立していて、だからこそこの口の悪さというのも結局は酒井ちゃんの魅力の一つなんだろうな〜と思っています。(嫌な人は嫌かもだけど。笑)

 

続いて平子さんですが、こちらは周囲の芸人から「コントゴーレム」(楽屋などで即興コントを先輩後輩関係なく仕掛けていくところから)と言われている通り、突然キャラに入り込んだり、一つのボケを執拗に言い続けたりします。

これは俗に「平子り(ひらこり)」と言われている現象なんですけど、要は「痛キャラ」です。笑

 

いかんせん周囲から見るとイタいキャラなので、聴いているこっちが共感性羞恥で恥ずかしくなってくる時もあるんですが、それも度を越すとめちゃくちゃ面白くなってきます。

 

忖度ゼロの酒井ちゃんと、人生がコントの平子さん。

そのお二人のフリートークが面白くなるのは、まあ必然ですよね! 

 

 

そして最後は「LIFE〜人生の話〜」

リスナーが、今までどんな人生を歩んできたのか、これからどんな人生を過ごしたいか…そんな人生の話を募集するコーナー。

…とだけいうとどんなコーナーか全く分かりませんが(笑)、結局は、リスナーが好き勝手に面白い長文ネタを送るという内容になっています。

 

コーナーのルールがないためにリスナーは本当に好き勝手にネタを送ってくるので、ネタを聴いている私たちはその世界観に慣れる必要がまずあるのですが、そこに慣れてくるとだんだん、ジワリジワリと面白さがやってきます。

こればっかりは内容が独特すぎるので、ぜひ本編を聴いてその面白さを確かめてみて欲しいです。

 

「教えてください あなたの ”LIFE”」

 

このコーナーのラストは決まって平子さんのこのセリフと「Good Life」という曲で締められ、そのままエンディングへ進み番組終了となります。

 

 

毎週の放送は深夜24時と遅い時間ですが、放送一週間以内であればradikoのタイムフリー機能を使って何時でも聴くことができます。(放送地域のみ)

radiko.jp

 

また、TBSラジオクラウドでは毎週アフタートークも配信していますので、本編と合わせて聴くとより一層楽しめます。

ラジオクラウド

ラジオクラウド

  • Hakuhodo DY media partners Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

 

以上、次世代のラジオスター・アルコ&ピースの人気ラジオ番組についてでした。

 

 

 

では、また明日。

2021/01/16 『シックスハーフ』(少女漫画)

こんばんは、しらすです。

本日のコンテンツはこちら!
 
『シックスハーフ』(少女漫画) 
 
 

集英社Cookie」にて2009年から2015年まで連載されていた、池谷理香子さんの作品。

バイク事故で記憶喪失になった高校2年生の詩織と、その家族の物語です。

 

物語は、病院のベッドで詩織が目を覚ますところから始まります。

ベッドの脇には、自分の知らない人達が騒いでいる姿が。リーゼント姿のヤンチャそうな男子高校生が、気の優しそうな黒髪の男性(20代くらい?)にひたすら謝っているのと、その様子に微塵も興味なさそうな中学生くらいの女の子が静かに本を読んでいる。

 

一同は詩織が目を覚ました事に気がつき喜ぶも、詩織の様子がおかしい事に気づき、そこで記憶喪失になっている事に気づきます。

 

詩織は、この気の優しそうな男性が自身の兄・明夫で、中学生の女の子は妹の真歩、両親はおらず現在はこの兄弟3人で一つの家に住んでいる、という事を知らされます。

ちなみにリーゼント姿の男の子は、事故の少し前から付き合い始めた詩織の彼氏だということも。

 

この自分のことが何もかも分からない突然の状況から、記憶を失った少女とその家族の物語がスタートしていく…という始まりです。

 

 

記憶喪失前の自分は相当荒れていたらしく、学校では影で「ビッチ」や「援交」などといった悪い噂をささやかれ、また妹の真歩も、記憶喪失前の自分に相当な事をされたらしく、「話すと腐った根性が伝染るから」と自分に対しあからさまな嫌悪感を示していきます。


ですがそんな中、記憶喪失でからっぽな自分にも家族として暖かい愛情を注いでくれるのが兄・明夫でした。

そんな兄の存在もあり、詩織は次第に、過去の自分をリセットして新しい"菊川詩織"として生きていくことを決意します。


ところが…兄として、自分の保護者として接してくれている明夫に対し、次第に芽生えてしまう恋心に似たような感情…。

 

そして、断片的に蘇ってくる過去の記憶…自分の事をこんなに溺愛してくれている兄だけど、過去の自分と何かがあった…?でもその何かが思い出せない…!!

 

自分はなぜ荒れていたんだろう?こんなに良い家族なのに、その家族に対してなんで強くあたってたんだろう?なぜ?なぜ?

 

過去の自分と家族の間に一体何があったのか?

そして過去の自分の記憶を取り戻してしまったら、今の自分の存在はどうなってしまうのか?

 

終始謎がただようミステリー要素も含んだ、一味違う少女漫画がこの『シックスハーフ』という作品なのです。

 

 

この作品は、過去の記憶が全くないところから徐々に真実が徐々に明らかにされていくという「記憶喪失ならでは」のギミックがとても緻密で、それがまるで主人公の心情を追体験しているかのようなハラハラ感を生み出しています。

自分は全く覚えていないけど、周囲は全員覚えている…自分のことのはずなのに自分だけ知らない、というのはとても奇妙な感覚ですよね…。

 

また、主人公の周囲の人物にもそれぞれの事情があって、彼らは過去の詩織とどう過ごしてきたかを全て覚えているからこそ、何も覚えていない詩織に対して戸惑いや憤りを感じてしまいまうのですが、この辺りの登場人物の感情の機微も繊細に描かれていて、思わず感情移入してしまいます。

 

 
ちなみにタイトルの『シックスハーフ』の意味ですが、作者の池谷さんのインタビューで下記のように述べられていました。
 
“シックス ハーフ”というのは靴のサイズなんだけど、記憶=中身がないとわかっていても、同じ体で歩んでいかなきゃいけない。そういう意味がこめられているんです。

 

靴のサイズ(=体)は記憶喪失前も後も変わらない。

その体で人生を歩んでいた中身は無くなってしまったけれど、これからもまた同じシックスハーフの靴を履いてその人生の続きを歩んでいかなければならない…という感じでしょうか。
 
過去のトラブルメーカーだった自分が行ってきた事は、記憶を失った自分にとっては他人事だけど、その自分と関わってきた周囲の人物にとっては無かったことにはならない。
だからこそ、学校での噂や家族とのギクシャクした関係も、自分の事として向き合っていかなければならないんですよね…。
正直、もしいざ自分がこの状況になったら、果たして過去の自分と向き合えるのか?正直わからないところです。笑
 
その点主人公の詩織は、記憶を失っても前向きに、自分の今の気持ちに正直に人生を突き進んでいっていて、その「生きる強さ」というものに、他の少女漫画とは一味違った主人公のカッコよさを感じました。
「性格が良くて可愛い誰からも愛されるヒロイン」という少女漫画の枠にハマらない人物が主人公だという点も、他の少女漫画とは一味違ったアンニュイさやリアルさを引き立てているポイントのひとつと言えるでしょう。
 
いわゆるキラキラしたストーリーとは違ったものをたまには読んでみたいな、という方にぜひおすすめの作品です。
 
 
ちなみにマンガアプリでは、集英社の「マンガmee」で全話読めます。
 
 
 
では、また明日。